MENU
 

しあわせのタネ(大人向け)

品名:しあわせのタネ(大人向)

ある日、空から落ちてきたタネを拾ってから次々と不思議な声が聴こえてくるハッピーな物語。

タネは主人公にどんな花を咲かせてくれるでしょう。
お誕生日のプレゼントに、その他様々なギフトシーンでお子さんやご友人に子どもから大人まで、心にしあわせのタネを贈るオリジナル絵本。

価格:\4.104(税込)

 

作者紹介

文:松塚しのぶ

北海道生まれ。成蹊大学卒。
コピーライター。TCC新人賞、朝日広告賞、雑誌広告賞を受賞。広告制作の企画文案を担当。

絵:大久保厚子

東京都生まれ。イラストレーション青山塾修了。
イラストレーター。08年09年TIS公募金賞受賞、11年HBファイルコンペ永井裕明賞受賞。書籍装画、雑誌挿絵、広告等のイラストレーションを担当。

 

 

 

 

こども向けはこちら

ご注文はこちらから→

↓ 見本を見る ↓

 

 

はるかさんに 贈る
世界でたった一冊の絵本

はるかさん、いつも明るい笑顔をありがとう

明るい未来に羽ばたいてください!

これからもよろしくお付き合いお願いします

2016
あやと愉快な仲間たちより

安田 はるかさんへ

しあわせの花がたくさん咲きますように

しあわせのタネ

とても気持ちのいい日曜日。
はるかさん
奈良の公園で休んでいると
何かが落ちてきました。

それは、ふしぎな形をしていました。

「・・・なんだろう・・・」

「・・・なにかのタネかなあ・・・」

はるかさんは、
それをポケットに入れました。

それからなのです、
いろいろなことが
起こりはじめたのは…。

ある日、散歩をしていると、
いろいろな声が聞こえてきたのです。

はるかさんが誰かとすれ違うたびに。

「・・・つかれたな・・・」

「・・・会いたいな・・・」

「・・・あやまらなくちゃ・・・」

それは通り過ぎた人たちの
心の声でした。

いつも見かける女性と犬にすれ違うと、
「・・・こんにちは・・・」
ふしぎな声が聞こえたのです。

「・・・え、もしかして、犬の声?・・・」
はるかさんは驚いて
「いま、何か言った?」
犬に話しかけました。

「よくしゃべるのよ」
女性は楽しそうに笑いました。

そして、
「・・・きっと動物が好きなのね・・・」
女性の心の声が聞こえました。

ポケットの中で、
タネはふんわりと光っていました。

はるかさんは、
タネがポケットに入っていると
動物たちの声も聞こえることに
気づきはじめました。

どこかで何かが歌っている。

誰かがしゃべっている

はるかさんはつぶやきました。

「・・・まさか、猫たちや風、
木の葉や花や鳥たちと話ができるなんて・・・」

タネのふしぎなチカラを感じながら。

ある日、散歩していると、
女性がベンチに座っていました。

「・・・つらいな、つらいな・・・」

はるかさんが聞いたのは、
心の声でした。

「・・・ママ、元気になって・・・」

犬の声も聞こえました。

タネを持ってから、喜び、悲しみ、苦しみ、
心の声が聞こえるようになっていたのです。

はるかさん
鳥や風や猫たちに
たずねました。

何かできることはないかと。

ポケットのタネを握りしめながら。

すると風はやさしくあたりを包み、
鳥は楽しい歌をさえずりました。

猫も足下に静かに寄り添い、
頬ずりをしたのです。

はるかさん
まわりの空気が温かく変わっていることに
気づきました。

「こんにちは、いいお天気ですね」
はるかさんは話しかけました。

「あら、ほんと、今気づいたわ。いいお天気。」
女性は空を見上げながら言いました。

そして、心の声が聞こえてきました。

「・・・ふしぎ。
とても元気になったわ。ありがとう・・・」

「・・・ありがとう・・・」
寄り添っている犬の声も聞こえました。

いつしか女性に微笑みがかえり、
はるかさんの心も
温かくなっていました。

タネを持ってからはるかさん
今まで気づかなかったことに
気づき始めました。

笑顔になると
笑顔の輪がひろがること。

いつも笑顔でいると、

幸せな気分になって
前向きになれること。

タネがあると、
楽しい思いつきも、次々と浮かびます。

「そうだ、手づくりメニューで
リーダーや、架純さんや、チームの皆
おもてなししよう。
いっしょに食べるだけでうれしくなるから」

おいしいものは、幸せのタネ。

寒い日はみんなに
温かい紅茶をいれてあげよう。
暖まるだけで、笑顔になるから。

湯気は、幸せのタネ。

暑い日はみんなに氷を入れて
ジュースを作ってあげよう。
冷たいだけで、ふーっとほどける。

ガラスのしずくは、幸せのタネ。

はるかさんはつぶやきました。

「・・・みんなの笑顔にありがとう・・・」

はるかさん
タネを持ってから、

いままでより自分が
「ありがとう」を
たくさん言っていると感じていました。

気づくと歌を口ずさんでいて、
心が軽くなっていることも。

「・・・ふしぎなことはぜんぶ、このタネのおかげ・・・」

そう思いながら、
タネをさわろうとしましたが
どこにもありません。

はるかさん
胸に手を当てながら、つぶやきました。

「もうあのタネはいらない。だってここにあるから」

幸せのタネは、夢のタネ。
みんなの心の中にあります。

嬉しいことやたのしいことが降り注いで、
素敵な花を咲かせます。

はるかさんは、いま25

はるかさんにこれからも
もっともっと幸せなことが起こりますように。 

ご注文はこちらから

© Shoya Food Service. All rights reserved.